Search
Close this search box.

目次

第三次産業

観光

タイの産業に関する洞察 - 第三次産業

タイは、その多様な文化的独自性、エキゾチックな食べ物から豊かな文化遺産まで、世界でも有数の旅行先として知られています。タイの首都バンコクは、カラフルなナイトライフ、ショッピング地区、文化遺産の見所で知られています。そのため、2019年の記録によれば、タイへの観光客のうち最大28%が中国からの観光客でした。その結果、2020年の新型コロナウイルスパンデミックの発生時には、タイの観光業が最も影響を受けた産業の一つでした。しかし、2022年に国境が開かれて以来、同国の観光業は着実に回復しています。Statista(2024)によると、2023年には総観光客数が2815万人に達し、2022年の1100万人から大幅に増加しました。また、同年12月時点での国内の観光収入も1391.6億バーツに達しました(Statist、2024年)。地域別の訪問者からの最高収入も、同年のバンコクが約7501.6億バーツで報告されました。観光業はポテンシャルに溢れた市場であることが明らかであるが、タイでの旅行には蚊によるデング熱やマラリアなどの感染症の健康および安全上の懸念も指摘されています。そのため、バンコクを訪れる観光客は、暴力的になる可能性のある反政府デモにも注意を払う必要があります。

タイの産業に関する洞察 - 第三次産業
タイの産業に関する洞察 - 第三次産業

外食産業

タイの産業に関する洞察 - 第三次産業

タイの食品産業は、多様で豊かな文化の一部を表し、世代を超えて受け継がれてきた多くの独自の伝統的なレシピを持っています。国の経済モデルである「タイ4.0」に沿った10の主要成長エンジンの一つとして、同国の食品産業は国内総生産(GDP)の約23%を占めています。Statista(2024年)の調査結果に基づくと、タイの食品市場は2024年に約717億ドルの収益を見込んでおり、2024年から2028年までの年平均成長率(CAGR)は5.04%に達すると予測されています。タイの食品産業における最大のセグメントはパンやシリアル製品であり、2024年には114.5億ドルの市場規模に達すると予測されています。最近では、ペットフードセグメントが業界内で著しい収益成長を経験しており、このセグメントにおけるビジネスの機会が示唆されています。また、Mahanakorn Partners Group(MPG、2023年)によれば、タイの投資委員会(BOI)は、食品産業への外国投資家の誘致を促進し、同国の食品生産地位を維持するためにさまざまなインセンティブを提供しています。これらのインセンティブには、最大8年間の法人税免除、輸入関税の免除、土地所有許可が含まれています。

銀行

タイの産業に関する洞察 - 第三次産業

タイの銀行業界は、同国の経済成長と安定において大きな貢献をしています。商業銀行、専門金融機関、非銀行金融機関など、さまざまな機関が特徴で、そのうち小売銀行が最も一般的なサービスであります。主にバンコク銀行、クルンタイ銀行、カシコーン銀行など、数少ない大手銀行によって支配されています。その中でも、バンコク銀行は総資産額で最大の銀行であり、2024年3月時点で総資産額が4.51兆バーツに達しています(Statista、2024年)。ただし、消費者は貯蓄貸付組合などの協同組合から銀行サービスを利用することもあります。タイの銀行業界は、預金金利の上昇や金融開発基金(FIDF)の手数料の正常化からの資金コストの上昇に直面していますが、より高い純利息収入によって牽引される銀行業界は2023年も利益を上げています。Statista(2024)によれば、2020年の新型コロナウイルスパンデミックの発生後、タイの銀行業界は着実に純利益を増加させています。2023年時点で、業界の純利益は2510億バーツであり、2019年の2710億バーツの純利益に似た数字であると報告されています。言い換えれば、タイの銀行業界は現在、上昇傾向にあり、市場での潜在的なビジネス機会を示唆しています。

タイの産業に関する洞察 - 第三次産業

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *