Search
Close this search box.

目次

第一次産業

農業

タイの産業に関する洞察-第一次産業

タイの農業産業は、国の発展において主要な役割を果たし、国の豊富な天然資源を活用しながら多くの雇用機会を創出してきました。国際貿易管理局(ITA, 2024)によると、国の労働力の約3分の1が農業産業に従事しています。しかし、国内総生産(GDP)に対する農業産業の寄与度は全体的に減少傾向にあり、2022年にはわずか8.81%の寄与度を報告しました。それにもかかわらず、タイは世界最大の天然ゴム輸出国であり、2023年には116万トンの生産量を記録し、そのうち103万トンがブロックゴムでした(Statista, 2024)。また、タイは以下の農産物の国際市場において高い順位を占めています。

  1. キャッサバ
  2. パーム油
  3. マンゴー
  4. パイナップル
  5. サトウキビ

 

このように、タイの農業産業に参入しようとする企業は、国内で著しい成長を遂げている小麦、大豆、繊維の生産など、他のサブセクターにおける機会を探すのが良いでしょう。

 
タイの産業に関する洞察-第一次産業

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *