Search
Close this search box.

目次

第二次産業

自動車

タイの産業に関する洞察-第二次産業

タイは年間200万台以上の生産量を誇る東南アジア最大の自動車生産国であり、世界でも第10位の規模を持っています。タイの自動車産業は、トヨタ、いすゞ、フォードなどの主要な国際企業によって牽引されています。実際、日本の自動車企業は、2011年の壊滅的な洪水からの回復に苦しんでいたタイの経済に対して大きな信頼を寄せていた数少ない投資家の一つでした。その結果、トヨタは2022年に市場シェア33.99%を占める最も人気のある自動車ブランドとなり、市場を牽引しました(Statista、2023年)。安定した経済基盤と政府の政策により、タイは自動車産業において機能する外国の元設備製造業者(OEM)へと成長しました。

タイの自動車産業は2019年と2020年に生産量の減少に苦しんだものの、2023年には193万台の生産量を記録し、依然として主要な自動車生産国の地位を保持しています(Statista、2024年)。電気自動車(EV)需要の増加に伴い、タイの車両生産は2024年に約190万台に達すると予測されており、バッテリー電気自動車(BEV)およびハイブリッド車の販売は約19万台に達すると予測されています(Surapong Paisitpattanapong & JustAuto、2024年)。その結果、日本のブランドが国内で優勢を占めるため、タイの自動車産業は日本企業との高い親和性を持っています。Ueda(2009)によると、日本ブランドは1978年および1982年にそれぞれ91%および90%の市場シェアを持っていました。タイはASEAN市場への事業拡大を目指す日本の自動車企業にとって、主要な自動車生産拠点として大きな投資可能性を提供しているといえるでしょう。

タイの産業に関する洞察-第二次産業

電子産業

世界的な電子機器製造のハブとして知られるタイの電子産業は、同国の経済成長において重要な役割を果たしています。ASEAN地域の中心に位置し、労働コストが比較的低いため、タイは電子機器メーカーにとって人気のある目的地となっています。世界の電子機器輸出市場ではわずか1.8%のシェアを占めるに過ぎませんが、タイの電子産業にはシーゲイトやウェスタンデジタルなどの国際的な企業が多く進出しています。Davison(2023)によると、タイの電子産業は上昇傾向にあり、過去数年間で一貫した収益成長を示しており、電子機器の輸出は過去3年間で29%増加しました。Statista(2024)によれば、タイの電子産業の収益は2024年に33.8億米ドルに達すると予測されており、2024年から2029年にかけて年平均成長率(CAGR)は10.07%を示し、2029年には54.6億米ドルの市場規模に達する見込みです。タイの電子機器輸出の中で最も人気があるのはハードディスクドライブ(HDD)で、2020年には29.3%のシェアを占めています。しかし、労働コストの上昇に伴い、タイはベトナムやマレーシアなどの近隣諸国に対して競争力を維持するのが難しくなる可能性があります。これらの国々の労働者のスキルレベルの違いも影響を及ぼす要因となっています。さらに、電子機器市場ではソリッドステートドライブ(SSD)の採用が増加しており、これはHDDの代替品として注目されています。HDDがタイの主要製品カテゴリーであることを考えると、この傾向はタイの電子機器市場に影響を及ぼす可能性があります。

タイの産業に関する洞察-第二次産業

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *